崔領二のオフィシャルブログ 【美味しい紅茶の飲み方】 powered by ZERO1

ZERO1

2012年03月21日

今を全力で生きる

1328525668846.jpg我が師匠・ジェラルドゴルドー

彼がヨーロッパの空手大会を総ナメしていた時代があった

あまりの強さに相手がいなくなり、ついには日本での世界大会にまで参戦した

そこで関係者の目にとまり、プロレス界で前田日明やアントニオ猪木と対戦するまでになり

現在、世界的格闘イベントになったUFCの第一回大会に参戦し

暴走ファイトで準優勝に輝いた・・・

その頃、地球の裏側・日本では曙というハワイ出身力士が外国人として初の横綱になり

貴乃花、若乃花らと一大相撲フィーバーを巻き起こしていた・・・

そんな二人は、もちろん互いを昔から知っていたらしく 意識していたという

完全な別世界で、決して交わることのない二人が20年という時を越えて

激突したのが昨年の靖国神社大会だった・・・・

出会ってはいけない二人

出会うべくして出会った二人

どちらにせよ、二人はリングで初遭遇した・・・

そんな貴重な試合にタッグパートナーとして任命してもらったのは、自分の財産になったし

引退した、相手方のパートナー澤宗紀もそう感じていたはず

正直、試合の内容は覚えてない

あまりの緊張、喜び、恐怖感、期待感、心配

それらが不規則な羅列で頭を巡り、集中できなかったというのが正直な感想だった・・・

ともあれ、試合はド迫力満点で盛り上がったと 聞く

試合後は、ノーサイドで記念撮影をさせてもらった・・・・


どうしても

どうしても

この写真が撮りたかった・・・

なぜなら、このプロレス界

いつどこで、どうなるかわからない

一緒に戦ってきた盟友もそう

自分の親もそう

この世界に入った以上、大好きな人の最後には会えない!

それだけは、この仕事をする以上 覚悟しろ

亡くなった先輩から、そう言われたことがあった

会いたい人には、生きているうちに たくさん会う!

気持ちを伝えたいなら、素直にありったけを伝える!

死んでからでは 遅い

それがプロレス界に入って この10年で学んだ一番大切なことかもしれない・・・



この試合の翌日、ゴルドー先生を成田空港に送り

搭乗ゲートで、こう言われた

「リョウジ、ありがとうな!曙さんみたいな素晴らしい選手と対戦できて本当に嬉しかった」

「この試合を組むのに、ゼロワンのスタッフがどれだけ動いてくれたか、よくわかる!大谷さん、中村さんにお礼言ってくれな。」

「この胸いっぱの思い出だけで、生きていけるよ!本当にありがとう。」

普段は、マイペースな師匠がそんな感極まった言葉を平然とならべた・・・


いつの日か

また、この二人の試合が実現できたらと願う!

そして、その時は また試合後 ノーサイドで記念撮影でもしたいと思う・・・
posted by 崔領二 at 21:40| 日記
spacer.gif